#6 おいしい秋の恵み。二宮果樹公園に行ってきました。

記事:福井尚子・高志

こんにちは。すっかり涼しくなってきましたね。

秋の果物がおいしい季節、私たち夫婦は食後に冷えた梨のしゃりしゃりした食感を味わうのが

毎日の楽しみです。

 

ある日、二宮町の広報誌を見ていたら、「果樹公園果実配布のお知らせ」を発見しました!

8月から9月にかけての3日間、果樹公園で梨、ぶどうの配布を行っているそう。

果物に目のない私たち、食後の口福をゲットしに早速行ってきました!
    

 

二宮町の果樹公園は、二宮駅北口から徒歩10分、ホールや図書館が入っている

生涯学習センター・ラディアンのすぐ裏手にあります。

 

かつては神奈川の園芸発展のために試験研究を行ってきた、神奈川県園芸試験場だったそう。

1995年3月に閉場し、2002年4月から二宮果樹公園として生まれ変わりました。

(参考:二宮果樹公園の由来 https://bit.ly/2QooIJZ

 

園芸試験場時代から育てていた梨やぶどう、柿などの果樹は今でも残っているので、収穫を行い、

こうして年に数回配布しているとのことです。  

 

 

さて当日の整理券配布は9時から。

車を持たない私たちは、朝の散歩がてらテクテクと30分歩いて果樹公園へ。

 

到着したのは8時50分過ぎだったでしょうか。すでに長蛇の列ができていました。

 

 

9時から整理券の配布。私たちの番号は107番。

 

中には受け取ってもう一度並び直すツワモノも!どうやら整理券の枚数だけ受け取ることができるようです。

9時に再び並び直しても整理券をもらえているようだったので、人数分もらえればいい、という人は

9時をめがけて行っても間に合いそうですね。

    

 

9時15分から整理券の順に番号が呼ばれ、受け取りに行きます。

梨は5つ、ぶどうは2房、袋詰してあるものを受け取ったら完了です。

なお、支払いは募金形式で、全部で600円を目安に、とのこと。

    

 

こちらが戦利品!かなりたっぷりあります。

市場価格だと今回の募金額の2倍以上にはなるでしょう。

ところどころ傷んではいるところもあるものの、大部分はきれいです。

 

 

本日の梨は菊水、ぶどうはハニーシードレスという品種だそう。

日程によってもしかしたら品種が異なるのかもしれませんね。

 

早速食べてみます。あまーい!!   

 

 

里山が近い二宮ならではの秋の恵み。ごちそうさまでした。