#2 二宮団地に引っ越して来ました

記事:福井尚子・高志

 

 

はじめまして!20185月から二宮団地に夫婦で住み始めた福井です。

 

私たち夫婦は二人ともDIY初心者。ですが、ワークショップなどでたくさんの方に多大なサポートをいただきながら、

部屋をフルリノベーションすることに挑戦しました。結婚してから1年ちょっと、夫婦としてもまだまだ新米ということで、

「新米DIY夫婦」として二宮団地での新しい暮らしをこれから発信していきます。

 

初回となる今回の投稿では、フルリノベーションの結果どんな部屋が出来上がったのかをご紹介していきたいと思います。

 

まずは写真をご覧下さい。360°画像ですので、是非ぐるりと見渡してみて下さい。

 

こちらがダイニング&キッチンです。 

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

キッチンカウンターやキッチンの吊り戸棚、本棚は全てワークショップで作ったものです。

続いて寝室です。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

窓の周りは漆喰を塗っています。

 

部屋の面積は約37㎡、間取りはこんな感じです。  

 

ベッドとダイニングテーブル、それから仕事机は元々持っていたものですが、その他の家具は家の間取りに合わせて

ぴったりになるように設計してもらったので、使い心地抜群!さらにワークショップを通して自分たちも手を動かし、

みんなと一緒に作り上げた部屋には愛着もたっぷりです。

 

ここでワークショップについて簡単にご紹介すると、全部で5回、内容としては大きく分けて次の4つでした。 

  • 天井や壁の塗装
  • 床張り
  • 漆喰塗り
  • 造作(キッチンカウンターや本棚などの収納)

※この他、20182月には、グリーンズの学校「エコハウスDIY」クラスのワークショップ会場として部屋に断熱も施されています。

 

先生は団地の同じ棟に住むチョウハシさん。住宅供給公社の方々をはじめ、家族や友人、また初対面の方も含めた

述べ100人以上の方にお手伝い頂きました。

 

 1回の開催が201841日、そこから部屋の完成まで約1ヶ月半、あっという間でした(私たち夫婦だけで

リノベにトライしていたら、夏を迎えた今でも床張りすら終わっていなかったことでしょう・・・笑)。

当時は東京の中野に住んでいて、毎回5時起きで二宮へ通ったのも、今となってはいい思い出です。

 

ふとした瞬間に一緒に作ってくれた人を思い出してはほっこりした気持ちになれるのも、ワークショップで

作り上げたからこそですね。ご参加下さった皆様、改めてありがとうございました!

(ワークショプ終了後にはみんなで懇親会)

 

使い勝手の良さや愛着の他に、窓の向こうに海と富士山が(ちょっとずつ)見えるのも、この部屋のお気に入りポイントです。 

(真ん中の団地の向こうに、うっすらと水平線が...)

 

そんな自然に囲まれた二宮に住み始めたのも何かの縁。せっかくなので、二宮に住んだからこそできることに色々とトライしていきたいな、と考えています。これから発信する二宮での新しい生活を、どうぞお楽しみに!